NEWS

MAM CAFEのこだわり:MAM SWEET FU

食卓では脇役になりがちな麩。麩菓子も昔ながらの黒糖麩菓子が一般的です。
MAM SWEET FUは昔ながらの良いところはそのままに、現代に合わせてアレンジしたフルーツ麩菓子です。
カラフルな見た目と果実の甘味は、幅広い年齢の方にお楽しみいただけます。

創業明治15年。創業130年を超える青森県の老舗お麩屋でMAM SWEET FUは作られています。
日本古来から伝わる「麩」を代々受け継ぎ、津軽地方では唯一のお麩屋です。その製法は今も丹念な手細工・手作り。
伝統の技と、青森県産のりんごやカシスなど津軽地方ならではの新たな味わいをお届けしています。

「果実・果汁入り麩菓子」を作る技術は、地元農園やコーディネータとお麩屋が協力して開発されました。
それまでもお麩屋ではフルーツ麩菓子に挑戦していましたが、成功していませんでした。原因は果汁に糖を加え煮詰めるとジャムのようになり、お麩が乾かないこと。
壁にぶつかり、そこから果汁を使った商品開発は一旦保留の状態でしたが、地元の農園やコーディネータと問題を確認し合い、何通りかの仮説の工程を立てました。その工程で試作した果汁入り麩菓子が見事成功したのです。
この地域連携の開発で得た技術があるからこそ、色々な果実・果汁入りのフルーツ麩菓子をお届けすることができるのです。

サクッとした歯ごたえ。やさしい甘さと果実の香り。
そのままおやつとして食べるのはもちろん、ワインやウイスキーにもよく合います。
パッケージの中で割れてしまった麩は、アイスやプリンなどのトッピングとしても美味しくお召し上がりいただけますので、ぜひお試しください。